《ミラコン2018》概要

Vol.2.0

《ミラコン2018》未来の教育コンテンツEXPO
Future Educational ContentsEXPO
FECEX2018

2018年現在、テクノロジーの進化によって新しい価値観による社会システムが日々創り出されています。そんな中これからの時代に求められる教育は、現状を認識し、様々な課題や問題に対して自ら試行錯誤し、多様な価値観を持つ人々と共生しながら、主体性を育める教育を指向したコンテンツを中心としたイベントです。

超スマート社会 ソサエティ5.0に向けた教育コンテンツを考える
未来の教育コンテンツ博2018(FECEX)開催概要

主催
一般社団法人日本教育基準協会 未来の教育コンテンツ博実行委員会
日時
2018年12月23日(日)・24日(月)9時30分~17時
会場
 村田女子高等学校東京都文京区本駒込2-29-1
<アクセス>地下鉄都営三田線「千石」駅下車徒歩2分。地下鉄南北線「駒込」駅下車徒歩12分。JR山手線「巣鴨」駅・「駒込」駅下車徒歩13分。
http://murata.ac.jp/hs/access.html
協力
 株式会社朝日出版社、株式会社RSG、アディシュ株式会社、クラウドエース株式会社、NPO法人英語運用能力評価協会 ユーフォーブックス株式会社 他
入場料
 事前登録・高校生以下無料、当日1,000円
参加来場者
民間団体(財団・社団NPO等)、民間企業各社、各種学校法人、日本全国の教員及び教育関係者一般約3,000人(目標)

メインテーマ:明るい未来を目指すための教育コンテンツとは

2018年現在、テクノロジーの進化によって新しい価値観による社会システムが日々創り出されています。

そんな中これからの時代に求められる教育は、現状を認識し、様々な課題や問題に対して自ら試行錯誤し、多様な価値観を持つ人々と共生しながら、主体性を育める教育です。

これからの教育においては「高度情報化社会」「知識基盤社会」「多文化共生社会」「SDGs」に応じた、新しい価値観を持つ、「コンテンツ」「学習環境」「先生」「学習者」が必要となります。その新しい教育のあリ方と価値観を持つコンテンツを知ってもらうための場として今回のEXPO開催を企画いたしました。

・日本国内外で最先端の教育を行なっている多様な教育コンテンツをクローズアップして広く紹介します。

・学校・企業・教育団体など枠を越えた教育関係者同士の交流をはかります。

・「教育コンテンツ」の「今」と「未来」に関するツールやプロダクトを通じて体験できる機会を用意し、多くの方々が教育コンテンツ」の未来について具体的なイメージを描くことができる場を提供します。

・未来を担う子供たちが、21世紀を生きる資質と能力を養い高めるために、いま教育で何ができるか、国内外で最先端を行く”未来の教育コンテンツ”のあるべき姿をワークショップ・授業スタイルでご紹介します。

・多くの先生そして教育関係者、一般の方々にも参加・体験していただくことで、未来の教育に関する関心が様々な場で生まれ、近未来の教育の姿を創造できる場を提供します。

◆基調講演(案)

基調講演1|人工知能時代のあるべき姿:
基調講演2|AI時代に必要な能力:
基調講演3|AIが進化した未来の働き方と社会:
基調講演4|未来の教室:

◆パネルディスカッション1

「これからの教育が目指す姿」
都立高校校長・私立高校校長・行政経験者予定

◆パネルディスカッション2

「これからの教育と職業」
大学教授・企業関係者・行政経験者予定

◆ICT教室展開・テーマ別教室プレゼン(案)

ロボット、アクティブ・ラーニング、未来講座、ICT/ネットリテラシー、プログラミング、入試改革、自治体の取リ組み、未来の先生、未来の校長、未来のテスト英語教育、理数教育、社会・道徳、国語・日本語教育奨学金・教育費、大学、中高、小学校、未来の学習塾、特別支援キャリア教育、環境介護・福祉、就職、知育玩具、ゲームコンテンツ、シリアスゲーム、児童書など

<ご協賛展示プログラム>

プレミアム ブース展示+ポスター冠掲載+ICT教室展開+講演枠+シンポジウム登壇(2社)
ゴールド ブース展示+ICT教室展開+講演枠(6社)
シルバー ブース展示+テーマ別教室展開(36社)
ブロンズ ブース展示(20社)

お問合わせはこちらからお願い致します。