2016/02/27|教育セミナー「高大接続改革における授業と教師の在り方」

教育セミナー2016第3回「高大接続改革における授業と教師の在り方」

セミナー概要

開催日時
2016年2月27日(土)13:30~17:30(受付13:00)
セミナー会場
株式会社ガイアックス
東京都品川区西五反田1-21-8KSS五反田ビル6階
セミナー参加費
学校関係者・教職員無料、一般参加者:1,000円
主催
一般社団法人日本教育基準協会/未来教育研究機構
協力
株式会社ガイアックス/株式会社ヴェルデ/アディッシュ株式会社 他

ICTとの向き合い方
非認知能力の評価について
新しい学力観を活かす授業スタイル(アクティブ・ラーニング)など
日本の教育が、今大きく変わろうとしています。グローバル時代に対応した人材の育成や、高大接続での教育改革をすすめる文科省。2019年「高等学校基礎学力テスト」2020年「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」のスタートにより、入試はどう変わるのでしょうか。中学・高校の授業や進路指導、校内スケジュールにどのような影響があるのでしょうか。日本教育基準協会では各分野のエキスパートと一緒に、現在進められている、高大接続改革に関する内容と改革に基づくアクティブ・ラーニング型授業の実践事例を紹介しながら、授業現場での導入を考えていきたいと思います。

セミナープログラム
【プログラム 1】13:30~15:00
高大接続改革における授業と教師の在り方
「高大接続改革」における高校・大学側双方の疑問点を進路指導のベテラン・中高の現場教師・元校長先生・大学講師などがフロアを交えて解説します。
中間答申から見えてきた「新テスト」導入の真の狙いとは
誰のための高大接続改革なのか:葛西紘一(埼玉県進路指導研究会 顧問)
新しい学力に沿った授業方法:吉田和夫(前四谷中学校長/玉川大学 客員教授)
大学で変わる授業、変わらない授業:天野聖悦(日本大学法学部 講師/駒沢大学法学部 講師)
新学習指導要領における「アクティブ・ラーニング」の導入:難波俊樹(未来教育研究機構 理事)

【プログラム 2】15:10~15:50
「メディアリテラシー」「ネットリテラシー」の実践授業の実例
*ネットパトロールの導入事例、ネットリテラシー講座
「キャリア教育授業」「進路指導研修」「アクティブ・ラーニング研修」
導入の実践事例

【情報交換会】16:00~16:30
お茶とお菓子をご用意致します。

【プログラム 3】16:30~17:30 
実践事例を交えたこれからの授業について
プログラム1で出演した講師によるシンポジウム形式