教育情報通信ac.jp108号 2017/06/05(Mon)

投稿者: | 2017年6月6日
MMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
◆◇教育情報通信 ac.jp 108号◇◆
【2017年6月5 日 月曜日】
未来教育研究機構(FERO)
Future Education
Research Organization
代表 樋口 義人
一般社団法人 日本教育基準協会
Presented by shirato&JECA
MMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
◆教育情報通信ac.jp下記サイトで配信中
=============================
━未来教育研究機構からのお知らせ━
1、「高校生のための「進学」と「お金」の話」
大学へ進学を考えている高校生とその親へ向けて
是非知っておいてもらいたい「進学」と「お金」
の話をわかりやすく解説しています。
下記よりご自由にPDFにてご確認ください。
2、アクティブ・ラーニング成功のための
管理職・リーダー特別ゼミ
<講師>石川一郎:未来教育研究機構主席研究員
(香里ヌヴェール学院学院長・アサンプション
国際教育監修顧問)
・募集増・新しい学力の獲得につながる
アクティブ・ラーニングとは?
・アクティブ・ラーニング成功のための
管理職・リーダーのための特別ゼミナール
<内容>
「アクティブ・ラーニングここまでやらないと生徒増につながらない」
「アクティブ・ラーニングを、職場でいかにして共有するのか」
◆お問い合わせ
未来教育研究機構
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-25-3
TEL:03-6908-6596
=============================
【教育最新情報】
・平成29年度総括部会(第1回) 配付資料
・平成28年度「教育改革の総合的推進に関する調査研究~国際的な視点から見た日本の教育に関する調査研究~」
調査報告書(平成29年3月・株式会社ベネッセコーポレーション)
・「平成28年度科学技術の振興に関する年次報告」について
・特別支援学校学習指導要領等(平成29年4月公示)
・「民間企業の研究活動に関する調査報告2016」[NISTEP REPORT No.173]の公表について
・本格的な産学連携活動の促進に向けた基礎調査
・放射線教育 放射線副読本
・国際バカロレア、コンソーシアム構築やSGH・SSH連携に期待
・学校ICT環境整備にもクラウドは有効、総務省が「教育クラウドプラットフォーム」標準仕様を策定へ
・ソフトバンク、新卒採用選考にワトソン−合否判断を補助
・重点5分野に政策資源 政府が成長戦略素案
・キッズウイークや「教師の日」提言 政府の教育再生実行会議
・骨太の基本方針で素案 教育へのアクセス向上図る
・「文法の無い英語教育」は実現するか
・全国学力テストのデータ、文科省が研究利用を解禁 科学的根拠に基づく教育施策づくりの機運高まる
=============================
【Pick Up】
・外国語(英語)コアカリキュラム案に関する意見募集の実施について
・教職課程コアカリキュラムの在り方に関する検討会 教職課程コアカリキュラム案に関する意見募集
=============================
【教育改革・アクティブ・ラーニング】
・次期学習指導要領 主体的学びと矛盾しないか
・幅広い資質・能力の「評価」をどうする?
・“米国流”の学びから探る 変革時代の教育のヒント
=============================
【ICT・情報教育・プログラミング】
・ICT・プログラミング教育、なぜ重要?
・プログラミング教育で、何の資質・能力を育成するのか? 学齢別の評価規準をベネッセらが作成
・これは凄い!Apple「Everyone Can Code」でプログラミング学習
・JAPET&CEC、プログラミング教育やICT活用を考えるセミナー
・教育へのコンピュータ導入、「教材」と見る日本、「文具」として見るアメリカ
・ICT教育「導入してはみたけれど…」教諭の嘆き
・JAPIAS、全国中学高校Webコンテスト参加チームを募集
・<上>ここまで変わる!これからのICT教育
・探プロ、「火星の街をつくろう!」プログラミングWSを実施
・福島の被災12市町村 ICT教育推進
=============================
【セミナー・シンポジウム他】
・第19回OECD/Japanセミナー「PISA2015から見えるこれからの学び-科学的リテラシーと主体的・対話的で深い学び」
・JAPET&CEC「第2回関西教育ICT展」8/3・4…ICT環境整備相談コーナーも
・「VR導入」と「教育映像のトレンド」がテーマのセミナーが6月に開催
・NTTドコモ、「次世代教育への変革セミナー」を6月10日大阪で開催
・Classiと立命館守山中高が「ICT公開授業研究会 with Classi」を24日開催
=============================
【コンテンツ】
・MIT提供のSTEM教育ビデオ、日本語版の無償提供スタート
【サービス】
・グーグル、音声認識や人工知能、機械学習などを活用したサポート機能「Google アシスタント」の日本語版を提供開始!Android 6.0 Marshmallow以降で利用可能
・Webで無料受験「全国統一学生ICTテスト」6/1-7/31
・高校の“3校に1校”が導入–対面授業が主役のデジタル学習ツール「Classi」
・アメリカ発AIロボットMusio(ミュージオ)、日本のものづくり企業と組み “Made in Japan”を実現!
・中高生に便利、薄くて軽いノート「スマートキャンパス」定番化
・学研教育みらい×mpi松香フォニックス、園向け英語教室運営で業務提携
・リクルートキャリア、大学1~2年生向け就業体験サイト
・2020年大学入試改革、英語4技能に対応 人工知能による英語ライティング自動採点機能を搭載 先生1人で200名の生徒のライティング指導が可能に
・特別支援教育向けアプリ「かたちにタッチ!」6月上旬リリース
・Apple、プログラミング教育をロボット、ドローン、楽器にも拡大
【文部科学省・教育員会 他】
・(2017年5月)平成28年度 検定意見書
・法曹養成制度改革連絡協議会(第7回) 配付資料
・量子科学技術委員会(第9期~)(第10回) 配付資料
・技術士分科会(第37回) 配付資料
・基礎研究医養成活性化プログラムの申請状況について
平成29年度グローバル人材の育成に向けたESDの推進事業のコンソーシアム一覧
・試験部会(第26回) 配付資
・体育館の床板の剥離による負傷事故の防止について(通知)
・海外留学には危険も 文科省が危機管理ガイドライン
・国際バカロレア推進へ情報共有必要、文科省有識者会議
・「いつから授業すると?」技術・美術の教員ゼロ 福岡の複数中学、2ヵ月授業なしも
・三河統合評価「負担増」も 公立高入試改革、校長アンケート
【大学入試改革】
・大学入試に民間英語試験、受験料2万円超も
・(注目の教育時事を読む)第38回 大学入学共通テスト(仮)
・大学入試新テスト 方針・問題例を公表 採点は民間に委託
【テスト・評価】
・平成29年度 都道府県・指定都市が実施する独自の学力調査(予定)
・H29年度の独自学力調査、37都道府県・17指定都市の教育委員会が実施
・岩手の教員、東成瀬中で授業 学力テストトップ県の教育体験
・全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の保護者調査は何のため? 経済力や家庭生活も聞く
【英語教育】
・小学校英語、総合学習枠で 18年度から年15コマまで
・英会話力向上へ 県教委が取り組み加速
中2対象にテストで診断、授業改善
・高校の英語、改善が急務 小学校からの積み重ねも重要
・日本の「英語対策」は危うい方へ向かっている
・子どもの英語教室活気 小学校で教科化、大学入試改革…
【理数教育】
・アジアトップレベルの高校生たちが横浜市立大学を訪問
【社会・道徳教育】
・道徳教育アーカイブの設置について(平成29年5月31日)
・道徳授業事例のサイト開設 文科省、18年度から教科化
【国語・日本語教育】
・国語教育、研究を共有 盛岡で全国大学学会
・論理は国語教育ではなく親子で学ぶ 出口汪氏インタビュー
・「聖徳太子」「鎖国」だけでない学習指導要領の改正 「教育漢字」にも変化が…
【奨学金・教育費】
・大学の無償化には、厳しい条件を付す必要
・大学授業料は出世払いに、自民党が安倍首相に提言
・国の教育ローン融資実績、父子家庭で14%増加
・沖縄・北谷町が給付型奨学金 大学進学を後押し 来年度から
・「大学まで進みたい」親の所得で意識に差 困窮世帯の子は低く 沖縄県調査
・玉川大学が新制度 奨学金で授業料を国公立大学と同額に
・生活保護と進学 貧困の連鎖を断ち切れ
・「どの大学でもいい」言えない辛さ 手取り12万円の母、入学金捻出に苦心
・正社員の世帯でも半数「困窮」 沖縄県の子ども実態調査、進級・進学で赤字拡大
・低所得、大学進学に影響 札幌市調査 資金「めど付かず」
【受験・進学】
・国公立大医学部に強い高校ランキング、地方公立校が健闘
・志望校選びの最初の一歩! 学校パンフレットって、どれくらい読むべきなの?
・進路選びで後悔したことって? ~大学・理系女子編~
・京大現役合格者が伸びた高校、上位5校中4校は公立
・国公立大に強い学校ランク トップは60大学に合格者を送り出した滋賀の膳所
【高等教育】
・将来構想部会(第9期~)(第1回) 配付資料
・大学における工学系教育の在り方に関する検討委員会(第4回) 配付資料
・平成29年度 新時代の教育のための国際協働プログラム事業申請及び採択事業一
・都内23区の大学定員、政府が規制方針 人工集中で対策
・中教審、将来構想部会の初会合 一極集中で議論
・23区の大学定員「抑制は慎重に」 私大連声明
・骨太方針の要旨 大学再編へ枠組み整備
・四国の学生定員拡充を、国立4大学が文科省に提言
・東京理科大学が教師を目指す学生を対象に「笑育」特別講座を実施 — アクティブラーニングの担い手を育成
・インバウンド市場に対峙し、新規事業を創造する学生の力を育む東洋学園大学のプログラム「Shodo Experience! (書道エクスペリエンス)」 — 6月6日(火)より谷中・澤の屋にて開催
・新潟大学が「日本酒」を学問として体系化へ
・共立女子大学が麹町学園女子高校と協定を締結 — 高大連携で英語力強化へ向けた新たな入試制度を導入
【中等教育】
・東大、京大へも公立高から! 合格者数増加にSSHの存在も
・小中高一貫で学び合う教育…浦和ルーテル
・大学付属で受験がないからこそ… 早稲田大学本庄高の強み
・全員が1人で留学 郁文館グローバル高が学ばせる“成功”と“挫折”
【初等教育】
【幼児教育】
・幼稚園面接で大切にしたいポイント、服装について
・幼児教育 早期に無償化 骨太方針原案
特許切れ新薬、負担増
・幼児教育・保育を年内にも財源確保へ どうなる「こども保険」創設
・待機児童対策 乏しい構想があらわに
【キャリア教育】
・「AXESS教育研究会」発足、産学連携で実践的な教育を
・~高校生のアイデアソン~ キャリア教育プログラム「近未来ハイスクール」
「教えて!高校生とヤマハがもっと仲良くなる方法」高校生を中心とした10代の学生を募集!
・消費者教育 小中高で
【特別支援教育】
・個性重視の高等支援学校開校 教育への挑戦、障害者と共生社会
【スポーツ・健康】
・農水省「食育白書」公表…栄養バランスや学校給食など
・デジタルスタジアムなど実現=五輪へ、ICT積極活用-総務省会議
【福祉・介護】
・秋田大、在宅看護システムを開発 現場で記録入力、情報共有
【就職】
・就活面接が6/1解禁「売り手市場」強まる
・スタバでバイトは就活にメリット?
・就活生必見! 年収1億円をサラリーマン出身でももらえる企業5選
・「無名なシェアトップ」企業にも就活せよ!
有名人気企業に入社しても大切に扱われない
・「子供の就職厳しい」と保護者の6割以上が回答
・就活での”オヤカク”、働く主婦の4割弱が「悪い印象」
・「有休取得日数が多い」中堅企業トップ100社
・「インターン参加」で気をつけるべき2つのこと
【教育情報のネタ】
・鉛筆 主流はHBから2Bに 筆圧弱い低学年向き オフィスでの使用機会減も影響か
・重すぎる通学カバンに中学生が悲鳴!体力勝負になった『脱ゆとり教育』
・コクヨは軽いノートの定番発売に期待強まり反発
・「ラン活」が本格化 我が子へ…メーカーに下見客殺到
・「公文式」はなぜ独自のポジションを維持できるのか
・タブー視される日本の性教育  今のままで良いか?
・大人のための真面目な「性教育サイト~OMGYes~」は使えるのか? 使えないのか?
・人工知能の進歩で、語学学習の必要性は完全に無くなるのか?
・パートナーとしての“心の支え”も実感できる!英会話学習に特化した人工知能ロボット『Musio X』を使い倒す
・尾木ママが紐解くMusio Xと日本の教育…AIロボットは子どもたちと共に成長していける仲間
・書評:S. ホリグチ他編著 『日本の外国語教育』
・人工知能が英語で接客 外国人増で城ケ倉観光
・「生きる力」は伸ばせるか。教育×AIの挑戦
・おうちにやってくる人工知能 ~ 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
・本来無償のはずの義務教育。公立中学校の家庭負担はいくら?...情報提供に反対する校長たち
・ぐっちー「教育こそ国が投資すべき、教育国債を発行して人材教育を」
・日本人が意外と知らない「データ分析」の本質
「スマホで学力が下がる」説を信じていますか
・受験の真実”すべり止め校”はあと伸びする
・どうする公明党?創価学会の池田大作名誉会長の「人道的であることが非国民とされる時」という英語エッセイが海外仏教サイトに掲載
・『自動機械化する人間とその上位に立つ人工知能』という可能性
・若年層リーチの必須項目!日本の大学で広がるInstagram活用
・ハーバード、スタンフォード、MIT —— 超お金持ちの出身大学トップ20
・元担当者が明かすアメリカの超難関大学「アイビーリーグ」の選考プロセス
・コンピューターサイエンスに強いヨーロッパの大学ベスト10
・地方大学の強化「明治以来の改革に着手する」 安倍首相
・ポスドク問題の次は「特任教員問題」が発生か
多様化する「大学教員」はどこへ向かう?(2)
・「なぜいじめと認めなかったのか?」事なかれ主義に陥る教育委の闇
・人工知能は、思った以上に早く「人間の仕事を奪う」かもしれない
・「人工知能脅威論」が覆い隠す、本当の問題は何か?ーー日仏の研究者が議論
・人工知能が人類を超える日が明らかに
・「AIは既に人間の脳の限界を超えている」、茂木健一郎氏
・「超ヒマ社会」とベーシックインカム
・16年の出生数、初の100万人割れ 出産適齢期の人口減
・「公教育はなくていいのか」  前川喜平さんの深い問い
・人生を楽しむ技を教えてくれる「落語」
・外国人留学生の採用強化=人手不足に対応、海外で研修も―コンビニ
===========================
☆ お知らせ ☆
一般社団法人日本教育基準協会
日本教育基準協会では
会員を募集しております。
会員へは
・メールマガジンの発行、
・機構機関紙ac.jpの送付、
・セミナーへの無料ご招待、
・研究/教育関連事業へのサポート
・日本教育基準協会データの活用
・コンテンツを研究価格で活用
などのサービスを行います。
ご支援・ご協力のほど
よろしくお願いいたします。
<会員募集>
〒101-0061東京都千代田区三崎町3-6-13
山京中央ビル3F
アクセス:JR「水道橋」駅西口徒歩1分、
都営三田線「水道橋」駅 A2出口徒歩4分
電話:03-5212-7227
(9~17時受付 土・日・祝祭日を除く)
ファクス:03-5212-7228(24時間受付)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
未来教育研究機構
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-25-3
TEL:03-6908-6596 FAX:03-6908-9489
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Presented by hirato&JECA
著作権制度の概要
著作物が自由に使える場合

教育情報通信ac.jp108号 2017/06/05(Mon)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 教育情報通信ac.jp108号 2017/06/05(Mon) – 日本アクティブ・ラーニング学会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です